日本のスポーツバイクブランド「ネスト」が初のeバイクをリリース

日本のスポーツバイクブランド「ネスト」が初のeバイクをリリース

日本の総合自転車メーカー「ホダカ」が展開するスポーツバイクブランド「NESTO (ネスト)」が目指すのは、「誰もがスポーツサイクルを楽しめる『次のふつう』」。

2020年7月、ブランド初のeバイクとして「X-VALLEY E6180(クロスバレー E6180)」をリリースした。

最新eMTBのコンセプトは「地球を走ろう。eバイクで広がる無限の可能性」。NESTOプレミアムモデルのTRAIZE PLUSをベースに新設計した自転車は、トレイルライドから日常の生活シーンまで乗る人を快適にアシストする。

ドライブユニットは日本製で信頼性の高いシマノ・ステップス E6180を採用。ペダルを踏む力をモーターがアシストしてくれるので、上り坂もラクにこなせる。また、無理のない適度な負荷の運動を長時間続けることができるので、健康増進にも繋がる。

タイヤはワイドサイズで安定感が高い27.5×2.8インチを使用。エアボリュームが多いのでクッション性にも優れており、Crossing valleys (X-VALLEY)の名にふさわしく、どんな道でも自由に走りを楽しめる。

X-VALLEY E6180(クロスバレー E6180)
価格:29万9000円(税抜)
サイズ/適応身長:16inch(160-175cm) 、18inch(170-185cm)
カラー :コヨーテブラウン
重量:21.3kg (18inch)
付属品:ベル、リフレクター、充電器
取扱店舗:全国の自転車専門店、有名ホームセンター、家電量販店
バッテリー容量:36V/11.6Ah
1充電走行距離:Ecoモード:105km Normalモード:85km Highモード:70km

※ 走行可能距離は使用用途により変動します。

※ハンドル幅が600mmを越えるため、歩道の通行はできません。

ネスト・クロスバレー E6180詳細

ネスト・クロスバレー E6180
ドライブユニットは日本製のシマノ・ステップス E6180
ネスト・クロスバレー E6180
速度やバッテリー残量を表示する大型画面のサイクルコンピューター
ネスト・クロスバレー E6180
BOOST規格のスルーアクスルと油圧ディスクブレーキ

ニュースカテゴリの最新記事