走りながら自動充電するブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車 2022モデルが登場

走りながら自動充電するブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車 2022モデルが登場

ブリヂストンサイクルから2022年モデルの電動アシスト自転車5モデル「アルベルトe」「カジュナe」「ステップクルーズe」「フロンティアデラックス」「ティービーワンe」が発売される。

コロナ禍後に自転車通勤を始めた人の平均通勤時間がコロナ禍前から行っていた人と比べて約2倍に長時間化しているなどのデータから、2022年モデルでは充電の手間の軽減や、長距離の通勤時のバッテリー切れを回避したいユーザーのニーズに応え、「走りながら自動充電※1」で1回の充電で走る航続距離がパワーモードで62㎞、エコモードで200㎞と従来品比53%アップ※2を実現した。

コロナ禍の前と後では、自転車通勤を新たに始めた人の通勤時間が約2倍に!

ブリヂストンサイクルでは「コロナ禍前後※3での消費者の自転車通勤の変化」に関する調査を行った。その結果、コロナ禍前から自転車通勤を行っていた人に比べ、コロナ禍以降に自転車通勤を始めた人の方が片道の通勤時間が平均約22分長い事が分かった。また、コロナ禍以降に自転車通勤を始めた人にその理由を尋ねたところ、79%の人が「感染症対策のため」と回答した。

密を避ける移動手段として自転車通勤が注目された結果、それまで電車やバスを使用していた人が通勤方法を自転車に変更するという行動変化があり、自転車通勤の長距離化に繋がったと推測される。

ブリヂストンサイクル 2022モデル
ブリヂストンサイクル 2022モデル

※出所:2021年1月 ブリヂストンサイクルwebアンケート調査

「走りながら自動充電」でパワーモード62km、エコモード200kmの航続距離を実現

走りながら自動充電※1とは、走行中にペダルを止める、または左ブレーキをかけるとモーターの制動力を利用し自動で回復充電する機能 で、自転車がユーザーの走行中の減速意図を認識し、違和感のない制動力で賢く効率よく発電し、走行距離を伸ばすことを狙った機能。

下り坂において、従来は自動回復充電機能による制動力が一定であったが、今回の仕様変更により、下り坂が一定時間継続した場合、制動力を上昇させ充電する電力量の増加を実現した。

これにより2022年モデルから1回の充電で走る航続距離がパワーモードで62km、エコモードで200kmと従来品比53%アップ※2を実現したことで、長距離利用に対応し、バッテリー切れの不安を減らす。また、充電回数が従来比で減少したことで充電する手間の軽減や、省エネルギーにも貢献する。

※1 バッテリーが満充電の時、ならびに低温や高温時には作動しません。その他にも電池保護の為、作動しない又は、弱まる場合があります。

※2 走行距離の測定条件「標準パターン(業界統一基準)」における、同モデルの2021年式のエコモードとの比較。実使用の走行距離とは異なります。

※3「コロナ禍の前後」とは、1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月7日を区切りとした前後を意味しています。

ブリヂストンサイクル2022年モデル

ブリヂストンサイクル 2022モデル
アルベルトe 26インチ 16万1000円
ブリヂストンサイクル 2022モデル
カジュナe 15万2000円
ブリヂストンサイクル 2022モデル
ステップクルーズe 15万2000円
ブリヂストンサイクル 2022モデル
フロンティアデラックス 14万7000円
ブリヂストンサイクル 2022モデル
ティービーワンe 15万2000円
ブリヂストンサイクル 2022モデル
ブリヂストンサイクル

https://www.bscycle.co.jp

新製品カテゴリの最新記事